JA愛知東
緊急連絡先  
powered by Google
JA愛知東について 事業所案内 農の情報 暮の情報 イベント情報 採用情報 JAからのお知らせ
TOP > 特産品紹介 > 高原トマト

特産品一覧
しんしろ茶
紅ほっぺイチゴ
鳳来牛
奥三河さわやか牛
次郎柿
種なし巨峰
みかわ子牛
ほうらいの梅
天狗なす
八名丸里芋
作手鉢花
ポットマム
つまもの
自然薯
高原トマト
ミニトマト
こんにゃく芋
ルネッサンストマト

>> 生産部会紹介
 
特産品紹介
 高原トマト
概略
JA愛知東のトマトは、豊川・矢作川・天竜川の水源となる奥三河地域で栽培されています。
標高が500m以上の高原であるため、夏でも冷涼な気候により、トマトの旨みが凝縮されやすいのです。

こだわり
「トマトは夏の作物」です。県内でも夏に作っているのはここだけ!
“夏場の食卓に、食べて美味しいトマトを作ること”、“水の中に入れても沈むトマト(中が締まって重たい)”など果実中心にこだわっています。

真っ赤なトマトは健康にもよい?
がん、心筋梗塞、脳卒中など生活習慣病を予防するリコピンがたっぷりと含まれ、ビタミンAやビタミンCをはじめ、食欲を増進させるクエン酸や、脂肪の消化をよくするペクチンなども含まれているから疲労回復や夏バテに最適!!!
1日200〜300g程度の摂取で、血液中のリコピン濃度は上昇!

トマトの学名はリコペルシコン・エクスレンタル・ミルといい、この名称からも分かるようにリコピンはトマトから抽出、発見された色素です。完熟トマトに特異的に多量に含まれている赤色色素リコピンが生活習慣病予防の有効成分と考えられています。リコピンはβ-カロチンと同じカロチノイドの一種です。
リコピンの発ガン防止のメカニズムは、リコピンの強力な抗酸化能によると考えられています。
リコピンの抗酸化能、すなわち活性酸素を補足、除去する力は、β-カロチンの2倍、ビタミンEの100倍といわれています。

トマトやらまいシートの取り組み
1 取り組みの背景と目的
近年、我が国では食品偽装や残留農薬の問題など、食の安全・安心と環境保全に対する消費者の関心が高まっています。こうした動きのなか、安全・安心なトマトづくりに取り組み、消費者から信頼されるトマトの生産を目指す必要があります。そこで私達トマト部会は、より消費者に信頼されるトマトを生産したいという思いから、環境と安全に関して自分たちが実践するチェックシート「トマトやらまいシート」を作成しました。

「トマトやらまいシート」の取り組み内容として
・環境に配慮したトマトづくり
農薬や肥料の使用量、使用方法を再確認した環境にやさしいトマトづくり。
・適正な栽培管理
栽培経過を記入し、栽培管理を見直しと消費者の目に見えるトマトづくり。
・ルールを守ったトマトづくり
法令と産地のルールを遵守した人と社会にやさしいトマトづくり
・体にやさしいトマトづくり
作業環境を見直し、消費者の体にも生産者の体にもやさしいトマトづくり

生産者自らが点検を行い、今までの作業を見直すことで、環境と安全に配慮した産地づくりに取り組んでいます。





ご利用にあたって個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) 1997-2007 JA AichiHigashi All rights reserved.