JA愛知東
緊急連絡先  
powered by Google
JA愛知東について 事業所案内 農の情報 暮の情報 イベント情報 採用情報 JAからのお知らせ
TOP > 特産品紹介 > 自然薯(夢とろろ)

特産品一覧
しんしろ茶
紅ほっぺイチゴ
鳳来牛
奥三河さわやか牛
次郎柿
種なし巨峰
みかわ子牛
ほうらいの梅
天狗なす
八名丸里芋
作手鉢花
ポットマム
つまもの
自然薯
高原トマト
ミニトマト
こんにゃく芋
ルネッサンストマト

>> 生産部会紹介
 
特産品紹介
 自然薯(夢とろろ)
概略
自然薯は古くから日本の山野に自生し、栄養食、強壮食として一般に用いられるほか、漢方薬名を『山薬』、『じょよ』などと呼ばれ珍重されてきました。

豊富な栄養素
栽培自然薯はカルシウム・鉄分・ビタミン等が野生種より豊富です。また自然薯は多彩な酵素を含みその中の消化酵素は栄養効率を高めるといわれています。さらに自然薯の粘りには、新陳代謝や細胞の増殖機能を促進する作用があるとされ滋養強壮に効果的です。

調理の前に
【皮】
自然薯はほかの山の芋と違って皮も食べられます。
「タワシまたは布」で水につけながら土を落としきれいに洗って皮ごと料理してください。

【アク(褐変)】
自然薯は『アク』がよく出ます。そもそもこの『アク』は自然薯に含まれるフェノール物質が呼吸作用によって酸化することから発生します。
『アク』の発生は活力のある証拠ともいえます。
冬場は『アク』の発生が少なくなりますが、温かいところにおくと呼吸が活発になり『アク』が出やすくなりますので、冷蔵庫または冷たいところに貯蔵してください。




ご利用にあたって個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) 1997-2007 JA AichiHigashi All rights reserved.